【アストルティア防衛軍攻略】紫炎の鉄機兵団編。南モンスターの湧き時間は覚えましょう!スパスタが搦め手要員で強いかも。

今回はアストルティア防衛軍「紫炎の鉄機兵団」の攻略を書いていきます。

「紫炎の鉄機兵団」はマシン系のモンスターで構成された軍団です。

【全般でのアドバイス】
・異常耐性は現時点ではグランドインパクトの転びのみ
・マシン系なので、弱点は雷だと思われる
・魔法戦士はストームフォースを使う
幻惑、混乱が有効
・頼むから片手剣ペチペチはやめて

スポンサーリンク
ニキータ336×280

紫炎の鉄機兵団攻略

大型モンスターが動き出すのは制限時間が8分を切ってから。

それまでは橋から南のエリアで防衛。

8分になったら橋の北あたりで攻めてくるザコ敵を迎え撃ちます。

南にモンスターは沸かないので総員で迎撃してOK。

制限時間が6分10秒を切ると南エリアからモンスターが湧いてきます。

速やかに処理するためにもこの時間だけは覚えておきましょう。6分10秒です。

マップで敵の湧きを把握しましょう

上記画像のパターンは酷かったですw
北東に人員割きすぎて門の防衛が自分しかいないという状態。

スパスタだったので幻惑と混乱入れまくって足止めしてました。

門への攻撃もスカすときがあるので、幻惑は非常に有効です。

FPSとか遊ばない人だと、ミニマップ見ながらの行動はまだ慣れてない感じですかね。

スーパースター大活躍!!

自分の予想が大きく外れ、コメントをいただいたルベルフさんの予想が大当たりでした。

攻めてくる敵の数が多く、処理が追いつかないケースが出てくるのでメダパニーマの妨害が超ツヨでした。

ムチでスパショ入れつつ、誰も迎撃していないザコ敵をメダパニーマで無力化したりと、自分で使っててかなり活躍してるな、と思いました。

まとめ

「紫炎の鉄機兵団」は難易度が低いと感じました。

4回やって3回クリア。

鐘の処理、門の防衛、札アイテムでのアシストなど、やることしっかりやれば苦戦しないと思います。

マヒ札は自分で持ちたいですね。

大型1体しかいないのにマヒ札ブッパする人とかいるので、自分が所持しておきたいです。

あと、職業で言えば占い師も強いです。

占い師はどの勢力相手でも安定した活躍が出来そうですね。

テンションがガンガン上がるので死神や塔での範囲攻撃が強力です。
幻惑も出来ますしね。

実績(XBOX360)・トロフィー(PS4)が好きな人間としては防衛軍の実績を集めざるをえない!

みんなも防衛軍やりましょう^^

ブログランキングにも参加しているので、良ければ応援してください!!

ドラゴンクエストXランキング

スポンサーリンク
ニキータ336×280
ニキータ336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【アストルティア防衛軍攻略】紫炎の鉄機兵団編。南モンスターの湧き時間は覚えましょう!スパスタが搦め手要員で強いかも。』へのコメント

  1. 名前:ルベルフ 投稿日:2017/11/17(金) 07:00:16 ID:82e87c11f 返信

    天池で一緒にプレイした感想だけど
    補助のピオリム・マジックバリア
    げんまの必要に応じて切り替え
    相撲時にズッシード
    復活の杖など
    かなり忙しかったな

    大半の人はこの職をやりたがらなさそう

    • 名前:ニキータ 投稿日:2017/11/17(金) 14:17:38 ID:9385adbfe 返信

      そうそう、天地がズッシード使えるのは意外でした。
      僧侶やってるとき、ズッシ配るのがキツいときもあるので天地の人が手伝ってくれてたときはかなりありがたかったです。

      げんまの切り替えが難しそうですね~。

      自分も防衛軍に引き篭もってないで天地育てないとな……。

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/11/17(金) 19:33:17 ID:0839f9784 返信

    使用行動を見る限り、各幻魔はいずれも役割がハッキリしている気がします。
    カカロン→回復・防御呪文 クシャラミ→補助・回復 バルバルー→近接攻撃 ドメディ→遠距離呪文(攻撃優先) といった感じでしょうか。
    そして、天地雷鳴士の特技・呪文は幻魔たちの隙間を縫う様なラインナップ。

    万能職といえば万能職なので忙しいのは想像が付きますが、行動が後方で完結しやすいので、気になる人にはメチャメチャ気になる職業かもですね

  3. 名前:ニキータ 投稿日:2017/11/17(金) 23:08:08 ID:9385adbfe 返信

    押せるときはバルバルーやドメディ、回復枠が足りなければカカロンを多用って感じですかね。

    自分もどちらかというとやりたい方ですね。
    面白いタイプの忙しさに思えます。